yellowblueのブログ

日々の生活の中で思いついたことを書き記します。

ウェントワース女子刑務所シーズン2エピソード11あらすじ



今回は、いよいよビーが動き出しました。
どうなっちゃうのー!!!
この先はあらすじです。
知りたくない方は読んではいけませんよ!
*******************************
闇に消える

ぼんやりとした中にウィルの顔が見える。
それはビーの視点、、、、ストレッチャーで運ばれている。
ビーの顔は血だらけだ。
「誰がやったの?」険しい表情の看守長。
ビーは痛がりうなっている。
そして看守長の顔がぼんやりとしていく。

暗い自身の部屋でビーは筋トレをして鍛えている。
息づかいだけが聞こえる。
指先を刺し紙に血を引く。
血液が止まりやすくなっている事を確認するビー。
一つ、二つ、、、、、またその薬を飲むのだった。
食堂。
ビーが入ってくる。
フランキーがビーを見る。

ビーがドリーンにトニに電話をするよう頼む。
わかったというドリーン。

フランキーが自身のテーブルに来るようビーを誘う。
ブーマーを焚きつけて独房へ追いやった事を聞きたいのだ。

なんて言ってブーマーを怒らせた?と聞くフランキーに
ビーは言う。
「フランキーなんてどうって事ない。ボスでいられるのも
もう長くない」
電話を早く譲ってほしくてそう言ったのだと。
フランキーに本気でそう考えているのかと問われたビーは
挑発するような表情でそんな事思ってない、考えすぎだと答える。

その様子を看守長がモニターで見つめる。
微笑む看守長。

トニからの電話をドリーンから奪い取るビー。
例の物は送ってくれたのかと聞く。
しかし約束とは違う展開に慌てるビー。
その例の物を更正施設に暮らすリズに渡す様話す。

その会話を横で聞いていたドリーンがビーにかみつく。
「なぜなのよ?」
ビーは、ぐいっとドリーンの腕を両手でつかみ
フランキーの後自分がボスになる。
だから自分の命令に従い
「リズに電話して」と強い口調で話す。
ドリーンはリズに迷惑がかかったら許さないとビーに言う。
ビーがリズと話す。
声が聞けて嬉しそうなリズ。
荷物が届くから受け取る様頼むビー。中身はサプライズだから
開けるなと言われ怪訝(けげん)な顔のリズ。

フレッチャーが新しく入所する囚人と話している。
知的障害があると話す囚人。
たまたまその部屋の横を看守長が通りかかる。
その囚人は看守長を見るやハッとした表情で目が離せない。
その様子を不思議に思うフレッチャーは、
知ってるのか?と聞くも知らないとしか答えない。

フランキーはビーが自身を狙ってると思い、ジェスに探りを入れるも
何も知らないと答える。
そこをフレッチャーと例の新入りがやって来る。
「こんにちは、ケリー。私はジェスよ」
うなずくだけで通り過ぎる囚人。
フレッチャーに優しく話しかけるジェス。

フレッチャーが去るのが待ち遠しいと言うウィルに
看守長の次の標的はお前だと忠告するフレッチャー。
何も答えないウィル。

洗濯室。
緊張したムードが漂う。
フランキーがビーを呼ぶ。
看守長に頼まれて私を襲うつもりかと問われるも答えない。
そして、シモーヌの死の原因であるヤクを渡したのは
看守長のファーガソンだと告げる。
とそこへヴェラがビーに看守長が呼んでいると告げる。

看守長は、ブーマーを追いやったのにフランキーへの行動は
何故起こさないのかと聞く。
私なりの計画があると答えて席を立つビー。

独房へ看守長が赴く。
ビーが怒らせる様な事を言ったのね?と聞く看守長。
そうなんだと答えるブーマー。
ビーの話した言葉を聞き出そうとする看守長。

洗濯室。
スカイがフレッチャーの事をバカにして話している所へ
ブーマーが登場する。
看守長の計らいで出られたと話す。
フランキーに肩を組まれたブーマーが、「やあ、ビー」と
声をかける。

囚人達が投薬を受けている。
その中に新入りのケリーがいた。
フレッチャーは過去の経歴を調べ20年前にいた刑務所で
看守長にあっているはずだと聞く。
しかし「覚えていない」と答えるのだった。

看守長、看守達がミーティングをしている。
看守長の話を遮るようにフレッチャーが
ケリーという囚人が自分の話をペラペラしていたのに
看守長を見てピタッと止まったと話す。
面白い話ねと終わらそうとするも、彼女はブラックムーアにいた
となおも続けるフレッチャー。
自分を覚えていた事に少し驚くも自分はみんなに怖がられていたのよ
と話を終わらせる。

マキシンに頼んでナイフを調達するビー。
しかしフランキーがスカイを使ってそれを阻止する。
スカイがナイフをチラつかせている。
歩き出すスカイの後を追うビー。
その先にはフランキーが待っていた。
そして背後にはブーマーが。
このナイフで刺す気だったのか?とブーマー。
フランキーがそのナイフをビーに突き刺す。
「何も問題はないかなお嬢さん達」ウィルとヴェラが通りかかる。
何もないと微笑み合うビーとフランキー。

長年のカンか様子がおかしいと勘ぐるヴェラ。
スカイが運動場でフランキーとビーの件で賭けをしていた。
しかし問われると何もしていないと言う。

ナイフの一件でフランキーはマキシンにもう薬の手配はしない、
ビーとの勝負に手出しするな、さもないとマキシンの体を
傷つけると脅す。

またジェスとフレッチャー。
よく会う二人。
名残惜しいと話すフレッチャーにこれからシャワー室の掃除をすると
誘うジェス。

フレッチャーは誘われるままシャワー室へ。
二人は口づけを交わしそのまま抱き合う。
そこへビーが、、、フレッチャーの脱いだズボンから
カギをそっと抜き去る。

ビーはそのカギを使い郵便物のある部屋までたどり着く。
中からカッターとガムテープを奪い部屋を出る。

フレッチャーとジェスはまだシャワー室にいた。
ジェスの言葉に我に帰るフレッチャーはそそくさと服を着はじめる。
「悪かった、こんなの間違ってる。」と言うフレッチャー。
そして自身のカギが無い事に気がつく。

探し回るフレッチャー。
しかしカギは見つからない。
焦りだすフレッチャー。
そしてジェスにその矛先が向く。
お前か!と首を絞められるジェス。
そして気でも狂ったように叫び自身の頭を叩くフレッチャー。
「なぜなんだ!!」
その様子をじっと見るジェス。

涙が頬を伝う。
ドアの前にたたずむフレッチャー。
背後からジェスが声をかける。
フレッチャーさん、大丈夫ですか?紛失したと
報告を、、、」
その時フレッチャー応答を、、、とトランシーバーから声がかかる。
「あなたは助けが必要です」と話すジェス。
、、、、、とその時
ドアの向こうにいるはずのないビーの姿が。

ビーはフレッチャーのカギを使い中へ。
「何かしたのか?」そう聞くフレッチャーに
「あなたに尋ねる権利はないと思うわ」と言いカギを手渡す。

ドアを出るフレッチャー。
ジェスに「ありがとう」と言い歩き出すビー。
「彼は、もうおしまいね。」と吐き捨てるように言うジェス。

ビーはベットに雑誌を並べそれをガムテープで留めている。
そして場面は変わり、、、通路をビーが歩いている。
そしてフランキー達もまた通路歩いている。
緊張感が高まる。

ヴェラが看守長に何かが起こりそうだと話すも
それだけで棟を封鎖出来ないと言う看守長。
そして、新入りのケリーを連れてくるようヴェラに指示を出す。

洗濯室。
何かが起こりそうだ。
ブーマーが洗剤が切れたと看守を部屋から追い出す。

それを合図に、、、、
スカイが監視カメラを覆い、
フランキーがナイフを手にビーに近寄る。

フランキーが刺す。
ビーは肘でフランキーを突き飛ばす。
なおもナイフを振りかざすフランキー。
ビーもカッターを手にしている。
ビーのお腹に何度何度もナイフを刺すフランキー。
スカイやブーマーがあおる。
とうとうビーの額にナイフが一文字に引かれる。
ビーはそのままフランキーに突っ込みフランキーは倒れる。
その隙に馬乗りになり、フランキーの顔を何度も何度も殴る。
血だらけのフランキー。
そして力ない手から落ちたナイフを握りフランキーの首元へ。
フランキーに降参した事、勝ったのはビーだと言わす。

そしてビーは立ち上がり自身の腕をまくりあげ
そこへ奪い取ったナイフで無数の切り傷を付けていく。
その様子を囚人達が見守る。
自分の両腕に血がしたたる中ビーが警報を鳴らす。
へたり込むビー。

そして冒頭のシーン。
ストレッチャーに乗るビー。
お腹には雑誌が巻かれていた。

洗濯室に落ちていたカッターには郵便室と書かれていた。
皮肉にもフレッチャーが見つける。
どのように手に入れたのか調べるようヴェラに指示を出す看守長。

ビーは手術を受けていた。
その結果を医師から受けるウィル。
目をさますビー。
喉が渇いたと話す。
水を調達するためその場を離れるウィル。

看守長はフランキーの元へ。
ビーは危うく死ぬところだったと話す。
しかし、フランキーは手首の傷はビーが自分でやったものだと話す。
最初は信じないものの、、自分も首にナイフを当てられた死ぬかと
思ったと言うフランキー。
しだいにその言葉を信じはじめる。

看守長は病院のウィルへ連絡を取る。
ウィルにケガはビーが自分でやったと告げる。
すぐ部屋に戻るように、、、見張るようにと。
しかし、、、、急いで戻るもそこにビーの姿はなかった。

フード目深にかぶり歩き出すビー。
息づかいが聞こえる。
そして外へ。
追ってはいない。
ビーは暗がりの中歩いて行く。

その頃リズは届いたビーの荷物を
開けてしまう。
中にはピストルが入っていた。
驚くリズ。

終わり
****************************

急展開でしたね。
ビーの計画は、、、すごいですね。
、、、、ジェスが怖い。あんなに可愛いのに、、、、だから余計に怖い
のでしょうね。

さて、無事脱獄したビーどうなるのでしょうか。
次回が楽しみです^ - ^
yellowblue.hatenadiary.jp
yellowblue.hatenadiary.jp
yellowblue.hatenadiary.jp